【UberEats(ウーバーイーツ )は稼げる?】名古屋で配達パートナー登録方法

スポンサーリンク

配車サービスでお馴染みのUberのサービス『UberEats(ウーバーイーツ)』パートナープログラムが名古屋でも開始しました。

もうね、めっちゃ自由度が高い

この記事を読むとわかること

  • ウーバーイーツの配達ドライバーの特徴
  • 実際にどのくらいの収益が上がるのか
  • ウーバイーツ配達パートナー登録の全手順

今回はウーバーイーツ配達員として稼ぐ方法を解説していきます。

UberEats(ウーバーイーツ )とは食事の宅配サービス

ウーバーイーツはレストランの料理を配達員が依頼主に宅配するサービス。

スマホで注文した食事をデリバリーしてくれます。

UberEats加盟店はマックやピザハット、長崎ちゃんぽんなどが数多くあります。人気商品がすぐ自宅で食べれるのはありがたい。

ユーザーとして注文してみたい方にもおすすめ。

Uber Eats デリバリー

ウーバーイーツ配達パートナーの特徴

配達は従業員ではなくシェアリングエコノミーで働きたい人と配送して欲しい人をアプリを通してマッチングしてくれます

ウーバーイーツ配達員の特徴はなんと報酬が週払い。サクッと稼げます。

  • 報酬が週払い
  • スマホひとつで働ける
  • 雇用関係が無く好きな時間に働ける

Uberアプリを使用するのでじぶんで用意するものはスマホのみ。

誰でもかんたんに個人事業主として働くことができちゃいます。

「ちょっと稼ぎたいなっ」と思ったらアプリを起動してオンライン設定にするだけですぐに始めることができます。スキマ時間1時間から活用できる手軽さがいいですね。

逆に天候に左右されやすく収入が安定しているわけではないので「ウーバーイーツ1本で食っていく」は結構ハードルが高そうに感じました。とはいえ副業でやる分にはバイトより効率よく稼げるのでおすすめ。

ウーバーイーツ配達パートナー登録

パートナー報酬|『ブースト』『クエスト』2つのユニークな仕組みで倍率UP

お支払い金額=
(基本料金-サービス手数料)

インセンティブ①(ブースト)

インセンティブ②(クエスト)

報酬はちょっと複雑ですが、基本料金とインセンティブに分かれています。この追加の報酬がかなりユニークで美味しい。

基本料金からサービス手数料5%が差し引かれますが、追加報酬があるところは加減されません。

基本料金

  1. 受け取り料金:136円
  2. 受け渡し料金 : 63円
  3. 距離料金 : 45円/km

まず、レストランで商品を受け取った時に発生する受け取り料金。

お客さんに商品を渡したときに発生する受け渡し料金、そして移動にかかった距離料金。ここからUberのサービス手数料5%が差し引かれていきます。

 

特別インセンティブは2種類、ブーストクエストがあります。この追加報酬の仕組みがおもしろいなぁと感じました。順番に解説していきますね。

1,ブーストは倍率で増減する仕組み

通常の基本料金に倍率がかかる仕組みです。たとえば基本料金が700円でブーストが2倍だったとしたら+700円のお支払いが加算されるというもの。注文の多いエリアや時間帯によってブーストの倍率が変わります。

2.クエストとは特定の配達件数を超えると貰える

1回の配送時間は場所によりますがおよそ20分くらい、名古屋は配達1件あたり600円〜1,200円が相場。普通にアルバイトするよりも稼げますね。

何より雇用関係がないので気を使うことなく頑張った分だけ収入になるのが嬉しい。

名古屋市の提供エリア

  • 中区
  • 中村区
  • 西区
  • 北区
  • 中川区
  • 東区

名古屋は2018年10月24日からウーバーイーツの配達員がはじまりました。中区、中村区あたりは多く見かけます。

業務内容|サクッと仕事ができる理由

  1. 配達エリアいく
  2. アプリを起動する
  3. レストランで荷物受け取る
  4. 注文者に届けに行く

たったこれだけ。

やることって意外とかんたんなんですよね。アプリを起動してマッチングしたら「荷物の受け取りとお届け」にいくだけ。

だからスキマ時間にサクッと仕事ができるということです。

ウーバーイーツ配達員の登録方法

ウーバーイーツ配達員になるには以下のことが必要になります。

  • アプリで個人情報などの入力をする
  • 名古屋のパートナーセンターで事業内容の説明を受ける

まず、アプリでドライバーの登録をしましょう。


登録は5分あればすぐにできます。入力する箇所は5つ。

  1. メールアドレス
  2. 名前
  3. 携帯番号
  4. パスワード
  5. 住所(都市)
パスワードはログイン時に必要になってきますので覚えやすいく、セキュリティの高いものを設定しておきましょう。

住所はこれからウーバーイーツ配達員としてのメインエリアになります。たとえば名古屋なら「Nagoya,愛知県 日本」と入力しましょう。

すべて記入できたら「次へ」をクリック。

Uberとのパートナー契約方法の画面に移ります。

車、自転車、バイクの3種類のから配達方法を選びましょう。

注意したいのは、車と原付。ナンバープレートの写真と自賠責などが欲しいのでちょっとめんどくさい。パートナーセンターで確認するので、早めに用意しておくことが望ましいです。

車、原付に必要な書類
・運転免許証
・自賠責保険証
・ナンバープレートの写真

自転車での登録は身分証明書のみ。
名古屋市内であれば車よりも小回りがきくのでおすすめ。

自転車に必要な書類
・身分免許証
・プロフィール用の写真

乗り物が選べましたら「続行」をクリック。

次のページで規約などの確認に同意すると下記のような画面に移ります。

ここから先は、パートナーセンターでの手続きをしていきましょう。

名古屋パートナーセンターのアクセス方法

住所 愛知県名古屋市中区栄1-5-8 藤田ビル 2階
最寄駅 伏見駅から徒歩1分
営業時間 月曜日〜火曜日、木曜日〜土曜日 12:00〜19:00(定休日:日曜日、水曜日)

 

2018年10月30日では伏見駅からすぐの藤田ビル2F、第6会議室でした。

ちょっとわかりにくい場所ですが「ファミリーマート」と同じ雑居ビルです。

パートナーセンターで必要なものは4つ

パートナーセンターでやることは、Uberドライバーの申請とバックの受け渡し。

登録に必要な持ち物はこちら。

  • 運転免許証
  • 銀行口座(ネット銀行は不可)
  • 自賠責保険の用紙(車、原付の方)
  • ナンバープレートの写真(車、原付の方)

日本語ペラペラの外人さんが丁寧に説明してくれて少しビビりました。めっちゃネイティブやないか。

銀行口座の登録はネット銀行が使えないので注意しましょう。登録はだいたい30分くらいで終わります。

緑のバックを手に入れたらおめでとう。これであなたもウーバーイーツ配達パートナー。

バックはデポジットとして8,000円が報酬を得てから毎週2,000円ずつ計4回に渡って引き落とされる仕組みです。が、返却すればそのまま料金も返ってきます。あくまでも預かり金ってことですね。

実際にやってみたけど仕事内容はかんたん。20分で1件ペース、だいたい700円くらい稼げます。アプリを通して料金が見れるのがワクワクしました。1日で15,000円稼げました。

日によりますが、スキマ時間にできて、出勤しなくてもいいから非常にストレスなく働くことができます。

名古屋でウーバーイーツ配達員になるマニュアルでした。これから「やってみたいっ」て方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク