【フリーランスで稼ぐ】サロンに属さず好きな美容師を続ける働き方

スポンサーリンク

美容師は数ある仕事の中でもやりがいがあって対面での「ありがとう!」がもらえる素晴らしい仕事。

これは僕がアシスタントの頃から思っていたこと。けれども一緒に変な違和感もありました。

スキルや提案力があるのに劣悪な労働環境でなんで働かなければいけないのかな?

美容師はこういう働き方だからね!とひとことのまとめてしまう人は多い。

サロンに属していた時期はそう思っていました。でも実際はそんなことありません。

そして選択や限られた時間の中で何をしたらいいのかよくわからない..。と悩んでいる美容師はめちゃ多いはずです。

サロンに属さないで稼ぐためには?ぼくが実践した中で参考になりそうなことをまとめることにしました。

注意事項
サロンに勤めている美容師さん向けのコラムになっています。専門用語が出ているのでご了承ください。

サロンに属さずに生きていくには?

これからフリーランスや会社に属さずに働きたいと考えている人に今からコツコツと身につけておいたほうがいいことは3つ。

  1. スキルを身につける(美容師の技術)
  2. 発信力を身につける(マーケティング力)
  3. 収入源をいくつか増やせる(稼ぐ力)
美容師はカットや提案力が求められる仕事。

サロンワークで学べることもたくさんあります。けれども今のサロンで骨を埋めるつもりがないのであれば僕はお店の集客力に頼ってお客さんをつけることは必要ないと思います。あなたなら何やっても応援するわっ!て言ってくれるファンをつけましょう。

美容師スキルを身につける

美容師スキルとは技術もさることながらコミュニケーション力や接客力などたくさんあります。なぜスキルを磨くのか?お客さんの満足度を高めるためです。そして評価をするのは自分ではなくてお客さんです。

最低でも売れる強みは2つ持っているといいでしょう。

ぼくの場合はカットと提案力。ひたすら追い求めて課金をしまくっていました。今となってはひとつの資産になっています。

メニューはすべてを強化する必要はないのかなぁと思います。カットが得意な人もいればヘアセットがすごい人もいます。

他のスタイリストとの違いをお客さんにわかってもらえないといけません。大事なことは強みを理解してどのメニューをメイン商品としていくのか?

極端な話ですが自分の強みスキル以外はやらなくてもいいってくらいの気持ちで取り組んでみましょう。

ちなみに僕はカットとカラーとパーマしかやれません。けれどもお客さんを喜ばせることは十分できます。

それはどうしたら喜んでくれるのか?を人二倍に考えるようになったから。

スキルとは技術だけにとらわれがちですが、実際はコミュニケーションです。お客さんを知る努力を怠ったらファンは逃げていってしまう。サロンに属しているうちにたくさんのタイプの人がいることを知ろう!

発信する癖をつけよう

今はソーシャルで発信することが前提になってきました。

自分は何が強いのか?ポジションをはっきりさせて情報を発信していく癖をサロンに属しているうちから身につけていきましょう。

せっかく表現したのにアウトプットをしていないのでは何もしていないのと変わりません

自分の得意分野のポジションが決まったら、メディアを立ち上げてみましょう。

  • WordPressでブログを作る
  • インスタグラム、TwitterなどSNSアカウントを作る
アウトプットに最適なツールは文章であればブログ、twitter。イメージや動画であればインスタやYouTubeなどがいいですね。

【初心者マニュアル】WordPressでブログの始め方

2018年5月2日

稼げる力を身につけよう

ビジネス力を身につける手っ取り早い方法は路上で商品を売る。またはソーシャルで何かを売ってみる。

アシスタントでもモデルハントへ行ってメイン商品に値段をつけて売ってみましょう。

100円でも売れたら立派なビジネスです。あとは価値をどう高めていくか?技術スキルであれば質を高めるために時間を惜しみなく投資していかないといけませんよね。残念ながら稼ぐことにシビアになることができなければサロンに属さずに働くことはできません。

なかには美容師以外にもやりたいことがたくさんあるからフリーランスやサロンに属さずに働きたいと考える人もいるのではないでしょうか?

ぼくの場合はまさにそれで、ひとつしか選んじゃいけない。だから美容師しかできない…。って思考はおかしいと思ったし今後もやりたいことはどんどん増えていくでしょう。そうなったときに稼げる力があれば0を1に変えることができます。

好きなことや趣味をお金に変えてみる練習は絶対にやっておくべき必須科目と言えるでしょう。

今後の働き方と選択肢の広げ方

あなたは美容師が好きですか?そして働き方に満足していますか?

仕事と働き方はまったく別の考え方です。

ざっくり美容師と言っても働き方はたくさんあります。

  • 美容師として日本でサロンワークをやる
  • 美容師として海外でサロンワークをやる
  • 美容師さん向けに技術、ノウハウを教える
  • 美容関連の記事を書く
  • 独立して経営×サロンワークをやる
  • 独立して経営者になる
  • フリーランスになり美容師をやる
  • フリーランスになり美容師×好きなことをやる
もっと分散化することもできますがこれってぜんぶ美容に関する働き方ですよね?

サロンに属することもフリーランスで働くことも独立して経営に携わることも美容師なんですよ。

ぼくは仕事と働き方は時代と共に変えていかなければいけないと考えております。

どんな働き方をしたいのか?ここに関してはものすごく悩むんじゃないかなぁと思います。たくさん考えましょう。正解なんてないし働き方なんてつくっちゃえばいいんですよ。

覚えておかなきゃいけないのは選択肢は広げれるってこと。まだ誰も通っていない道があるかもしれないってこと。

まとめ|サロンに属さない美容師の新しい形

 

フリーランスとして一定のサロンに属さずに働く人は増えています。そしてそれ以外でも美容師としての働き方はつくることができるということ。

  1. スキルを身につける(美容師の技術)
  2. 発信力を身につける(マーケティング力)
  3. 収入源をいくつか増やせる(稼ぐ力)

僕がアシスタントの頃にもっと力を入れて取り組んでおけばよかったなぁと思ったことはマーケティング力や稼げる力。

一見あまり美容師とは関係ないように思えますがめっちゃ重要だと気づきました。

この3つの力をつけることさえできればあとは働き方をつくることができます。美容業界はもっと多様化していいはず。新しいカタチのひとつとして、少しでもモヤモヤした気持ちがある方へ向けて書かせていただきました。

参考になれば嬉しいです。おしまい。

会社を辞めます!って勇気いるよね。Disられても欲を満たすことに素直になった方が良い理由

2018年6月11日
スポンサーリンク